fc2ブログ
解放
嵐が活動休止を決めた経緯を改めて書きたい


公式サイトでの大野くんの言葉

2017年6月中旬、僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の気持ち、思いを話しました。
その内容は、2020年をもって自分の嵐としての活動を終えたいと。

嵐20周年、そして2020年という区切りで一度嵐をたたみ、
5人それぞれの道を歩んでもいいのではないか、また勝手ではありますが、一度何事にも縛られず、自由な生活をしたい、
そう伝えました。

その後、メンバー一人一人と何度も話しました。5人で何度も何度も話し合った結果、2020年をもって嵐を休止させて頂く決断に至りました。
メンバー個々の思いもあります。その思いを背負いながら2020年いっぱいまで走り抜きたいと思っています。

急な発表ではありますが、
今までずっと僕らを支え続けてくださった全ての関係者の皆さん、そして何より嵐をずっと応援し続けてくださった全てのファンのみなさん、
申し訳ありません。
言葉では表すことがてきないくらいの感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

2020年いっぱいまでの残りの期間、
今できる自分の使命をきっちりと果たしていきたいと思っています


会見での言葉

――あらためてこの結論に至った経緯は

 大野「2017年6月中旬頃にメンバー4人に集まってもらって自分の思い、気持ちを話させてもらった。嵐としての活動をいったん、終えたいと。自分の思いとしては自由に生活がしてみたいと、メンバー4人に伝えまして、その後、何度も何度も話し合いを重ねて2020年をもって、活動を休止するという結論に至りました」

 ――話し合いはどのように行われたのか

 大野「2017年6月中旬に初めて集まってもらって、気持ちを打ち明けた後は1人1人と会って、その思いもちゃんと聞いて、その後は5人で集まって、それをけっこうな回数ですけど何度も何度も話し合って、最終的に事務所の方も交えてお話をさせていただきました。2018年の2月に事務所の方に報告させていただいて、それから話し合いを重ねて2018年の6月に決断しました」


Netflix 「 OHNO'S Diary」

「リーダーが辞める決断って相当な覚悟だよ 
俺だって
リーダーがやめるんだもん
ふふ
あの…これ、もう
俺しかわかんないと思う
うん。」



2019年12月25日 嵐5/20オーラス
全国ライブビューイング

「ツアーの最中に、休止の発表をさせてもらいましたけど
発表後の4月からのコンサートは、正直不安でした
正直(涙)怖かったです(涙)
でも本当にみんながね…本当に優しい目で僕らを見てくれたから
本当に優しい顔で(涙)
見守ってくれてたから
僕は今日最後までやりきる事ができました(涙)

本当に感謝してます
ほんと今日まで…ほんと4人の支えがなかったらここまで来れなかったしね

ほんともう4人には感謝しかないし

まああの決断は、僕にとって本当に命がけでしたし
ほんとみんな思いはあるけど本当についてきてくれて
本当にありがとうございます」




2017年6月16日の日付が変わった時間も話していたようですから6月17日になるのかな

その日に大阪のホテルでメンバーに打ち明けてから、話し合いを重ね、たぶん説得もされ、怒鳴られもし、穏やかな話し合いばかりではなかったでしょう

公式サイト事務所のコメントでもぶつかり合いながらという事を言っています

大野の思いをきっかけに2017年6月頃からメンバー全員、個別、会社を交えながら幾度となく話し合いを重ねてまいりました。本音で向き合い、ときにはぶつかり合いながら苦しみ抜いて出した結論が、「嵐としての活動は一度お休みさせていただき、メンバーそれぞれの人生を歩んでいく」という答えでした



心身ともに疲れる日々だったと思います
体は痩せて頬は痩けて笑顔が少ないと感じたこともありました

活動休止を発表したのは、2019年1月27日

その後、約2年間、休止前の活動をし、
やっと2020年12月31日に最後のコンサートを終えたんですよね

彼の清々しい笑顔を見て、やり遂げたという満足感を感じ、安心しました

その夜から今日まで、全く姿を現さない彼に、覚悟の強さを感じます

不意打ちの電話には、仕方なく応じましたが、そこでも今までのようにキャラを作っていたように思います

これまでの彼の態度から、今回いくら引っ張り出そうと画策してもむりだと思います

嵐を5人で再開するとして、何をしますか?
もう歌も踊りも無理ですよね

バラエティ番組だって、ブランクが邪魔をして楽しい番組にはならない気がするし、妻子持ちが3人いたら、いちいち家庭の匂いを意識させられるでしょう

かつてのような恋愛対象、疑似恋愛を売り物にすることはできなくなるのですから、売り方も見直さなければなりません

嵐の再活動を願う人たちがいますが、彼らだって人間です
人生を生きている

いつまでも過去の彼らではないのですから、ただ漫然と5人揃った姿を見たいと言うのは、身勝手で単なる自己満足のように思います

そう願うファンから解放してあげたい
メンバーからも…


そして
櫻井くんが、news zeroから降りるとの記事を読みました

今回の事では、特にやりにくい面が、本人と番組側であったのでしょう

彼もまた一歩先に、進まなくてはなりません

それぞれの道で、頑張って欲しいです
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

satoco

Author:satoco
嵐のファンになり13年目ですが、
活動休止を機にファンクラブから離れました
お茶の間ファンではなく、一般人です

大野智さんが活動を始めるまでは、一般人として感じた事を書くことにします

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム