fc2ブログ
ドリパスで「映画 怪物くん」
久しぶりに、この映画を見ました
大野くんが若い
ピョコ歯もあります
2011年ですから12年も前なんだわ
そして、彼の発声の強さを改めて感じました

王子のメイクで登場した大野くんに、どきどきわくわくし、上島さんの顔を見てじんわりし、デモキンもデモリーナも、今や大人になったウタコとヒロシに感動し、物語に引き込まれながら見ました

そして、エンドロールに流れた若い声のMonster

この頃嵐ファンになったので、懐かしかったし、切なかった
数年後に、こんな終わりを向かえることになるとはね

中村監督は、怪物くんを撮ったあとに、忍びの国の原作を読み返し、無門役を大野くんにと考えたんですよね
数年かけての実現でした

怪物くんになった大野くんは、難しい役なのに一瞬も大野智に戻らないんですよ

だからファンとして安心して見ていられるんです
彼の努力は、見る側を安心させる
安定した演技力だから、がっかりもしないし、ハラハラもしない

俳優さんです
アイドルが演技しているのとは訳が違う
彼は、俳優としてもやっていけるんだわ

本当に多才です

今回のドリパスは、一人で参加している方が多かったように思いました

始まる前に、ドリパスのスタッフの男性が、ユニセフの募金の話をしてから、映画を楽しんでください…大野くんでしょ?と言い、それに拍手したりして…

わかってるんなら「鍵のかかった部屋SP」もリクエスト出来るようにしてくださいな~

またアンケートに要望書いてきました






ツイッターを見ていると、今日の怪物くんを見に行った方のツイが多くて嬉しい
同じ場所に熱烈ファンが集ったんですね

皆さん、あの場では静かで、パネルの写真を撮ったり、販売されているアジアンポップを見ていたりしますが、ハイテンションにツイートしているのが楽しいですね

かくいう私もですが…

次は何かな?



ランキングに参加しています
お手間でなければ、クリックしてくださいね



このブログの更新をお知らせできます


関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

satoco

Author:satoco
嵐のファンになり11年目ですが、
活動休止を機にファンクラブから離れました
お茶の間ファンではなく、一般人です

大野智さんが活動を始めるまでは、一般人として感じた事を書くことにします

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
更新通知を受け取れます
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム