FC2ブログ
嵐の笑い
いじめとか、いじり
人によって、感じ方は違うでしょうが
不快に感じたら、それがバラエティーだろうとお笑いだろうとアウトだと思っています

今、オリンピック開会式や閉会式に関わっていた人の過去の悪行が見つかり、解任の事態になっていますが、バラエティー番組を見ていて、これはいじめではないか…と、もやもやムカムカしたことを思い出します

嵐の笑いは、誰か一人をバカにしたり、押さえ付けてくすぐったり、5人なのに4人分しか用意されていないというシチュエーションをよく見ました

そして、その一人になるのはリーダーである大野くんだった

大野くんをいじったり、仲間外れにしたり、危険を伴う意地悪をしたり
そのたびブログに不快感を書いていましたが、それをバラエティーだからと笑っている人達もいた

この度の解任騒動で、ふと思い出して不安になりました

笑っていた人達もいた
大したことじゃない
こんなこと普通にやってる
テレビショーなんだから
本気じゃない
大野くんも笑ってた

違うと思うんだけどね

見ていて不快になるのは、笑いじゃないです





ランキングに参加しています
お手間でなければ、クリックしてくださいね

関連記事
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

satocoさん、はじめまして
いつもブンブン頷きながら読ませていただいてます。
satocoさんの仰る通り!!
激しく同意です。

エントリーを読んでいて一番に思い出したのが、シングル「Step and Go」の特典映像。
それから2009年のお正月に放送されためちゃイケの色取り忍者。
この二つは心の底から不快になりました。
全く笑えませんでした。
もちろん、冠番組のあれこれを上げればキリがありませんが。

でも当時はまだ嵐への愛情があったので不快になりつつも「愛あるイジリ」だと無理やり思い込んでいたんですよね・・・

人を貶めるお笑いは簡単なのでなかなかなくなりませんが、不快に思ったら声を上げることは大事ですよね。
Re: satocoさん、はじめまして
Rosyさん
コメントありがとうございます

いつも読んでくださって
ありがとうございます
嬉しいです

そんなに前から、そういう事がされていたのですね
キャラ設定と共に、笑いの内容まで設定され、疑問を持たず、思いやりもなく40近くなっても続けていたんですね

ファンが嫌な気持ちになるのですから、大野くん本人も我慢していたのでしょうね
気持が良いわけ無いですから

またコメントお待ちしています
プロフィール

satoco

Author:satoco
「君と僕の見ている風景」のDVDから嵐にハマり
大野くんの歌とダンスの素晴らしさに気づいた時には遅かりし・・・・・・
彼の術にハマって抜け出せません
重症サトシックとなってブログを始め、既に10年過ぎ11年目に突入しました♪

大人過ぎる大人ですが恋に年齢は関係ない
ときめくのは自由

母性と包容力で彼を見守り続けたい

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム