fc2ブログ
妄想物語 智の恋  フラッシュバック その24
家に帰って紗良に報告した

夜遅くなる日が増えると言うと
全然大丈夫だと答えた

一緒に遊ぶ相手がいるからだろう
もう大人なんだし
お互いに干渉しないで来たので
これで良いのだと思う

私は収入が増えることも嬉しかったが
今まで感じたことがないほど
働くことが楽しかった
いつかやりたかったコーヒー店での仕事に就けたことが
これから先を明るくしてくれている気がした

シフトが変わり
ラストまでいることが増えた

主婦は家族が帰宅するまでという制約があるので
遅い時間は店長の男性と男子大学生のバイトと私の数人で組んでいた

駅の側にある店は11時まで営業している

その日も私とバイトの二人だった
閉店時間が近づいたので
店の外に出してあるボードを片付けていた

「あ…もう終わりですか?
何時までだっけ?」

声をかけられ振り向いた
彼…大野さんだった

「あ…こんばんは
もう閉店ですか」

「あと10分です
豆ですか?コーヒーですか?」

「両方だけど…時間ないよね」

「ちょっとお待ち下さい」

片付けるのを止めて店に入った

「コーヒー何にしますか?
先に選んで…
それから豆を挽きますから」

「そうですか?
じゃあ…マンデリンをホットで」

「わかりました
松木くん…マンデリン ホットでお願い」

「はい」

「こんな遅い時間までいるんですね
大変だなあ」

「やりたくてやってる仕事だから大丈夫なのよ」

「そう…そういう風に思えるのって良いですよね」

「そうね
豆は?」

「やっぱりマンデリンにしようかな
あれ…無いでしょう?
前に飲ませてくれた…あの」

「ニカラグアの?」

「そうそう
本当に旨かったなあ」

「そう…思い出すわね」

「うん…」

「コーヒーどうぞ」
松木君が声をかけてくれて良かった
そのまま話し込むところだった

「じゃあマンデリンお挽きしますね」


また会ってしまった
また会えて嬉しかった




嵐カテゴリー
にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ

関連記事

テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

Secret
(非公開コメント受付中)

satocoさん、こんにちは。
いつもお返事もありがとうございます。このお話が異色なのは歳の差ではなく、娘の恋人だったことの方だと思います。私にも娘がいるのでわかります。
「やりたくてやってる仕事だから大丈夫なのよ」
これ、日々の中で心から言ってみたい言葉です。さり気ないけど、かっこいい〜。
続きを楽しみにしています。
Re: タイトルなし
しげぴさん コメントありがとうございます

お話の感想を頂けるのが本当に嬉しいです♪
読み込んで下さっているのですね

娘の元彼ですものね
そして一度だけの関係…

またコメントお待ちしてます♪

プロフィール

satoco

Author:satoco
嵐のファンになり13年目ですが、
活動休止を機にファンクラブから離れました
お茶の間ファンではなく、一般人です

大野智さんが活動を始めるまでは、一般人として感じた事を書くことにします

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム