fc2ブログ
妄想物語 智の恋 夢の向こうへ その36
こんな風に大沢さんにいつも守られてしまっている

本当は俺が百合を守りたいんだけどな
時々俺のマンションに泊まることもある

刺激を求めて危ない事をしたくなるんだな

でも彩花に念を押されているから
気を付けなくちゃいけない

百合が帰る時は大沢さんを頼んでいる
それもちょっと嫌なんだけど仕方ない
俺の方も一緒に守ってもらってるって事なんだな


そう・・・
百合の父親にちゃんと挨拶に行った

百合の父親の家というかホテルの部屋で会ったんだ

それは広いリビングで
ここでパーティーをしても良いぐらいだった

強面の男と思っていたのが百合の父親で
慣れると優しくてやっぱり父親なんだと感じる

その時母親も来ていたんだ

百合には言えないけど
それはそれは美人なお母さんだった

百合を26歳で生んだんだから23足すと49歳か

綺麗な人だった
とてもその年には見えない
30代と言われても信じてしまうだろう

見つめられて目が離せなくなって困っていると
百合が脇腹をつねった

「綺麗でしょう?
だめだからね」

「わかってるよ」

お父さんも一緒になって言った

「こんな美人みたことないだろ?
俺は惚れて惚れてお願いして付き合ったんだ」

「そうですか
気持ちわかります」

「わかっちゃ駄目」

百合が言うとみんなが笑った

「智さん これからも百合をよろしくね」

お母さんに言われて改めて百合を大事にしたいと思った

百合は俺の腕に腕を入れてくっついている
顔を見るとニコニコしていた

「ほんとに可愛い人です」

「あらあら・・・良いわね~百合」

「うん・・・智が大好きだわ」

「リリイ それ位で良いぞ・・・
手を離したら?」

みんなで笑って暖かい空気が流れた


いつも応援ありがとう♪
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ

余力があったらこちらへも♪


関連記事

テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

satoco

Author:satoco
嵐のファンになり13年目ですが、
活動休止を機にファンクラブから離れました
お茶の間ファンではなく、一般人です

大野智さんが活動を始めるまでは、一般人として感じた事を書くことにします

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム