fc2ブログ
妄想物語 智の恋 頬杖 終
脱ぎ捨てた上着を拾い煙草を取り出した
麻衣が火を点けてくれる
麻衣に煙が行かないように上に向かって吐きだす

旨いな・・・


それにしても…
今夜会わなかったらどうしていたんだろう

麻衣は本気で俺から離れようとしていたんだろうか
俺が連絡しなかったら
それっきりで良かったんだろうか

わからない奴だ

女が考えてることはわからない
だいたい最初からわかって始めたはずなのに
なんで一度こういう風に悩むんだろうか

今までもあったな

俺が年上が好きなんだから
それで良いじゃないか

もうこんな事させないし言わせない
俺だけを見てれば良いんだ

すぐ隣に麻衣がいる
俺を優しい目で見てる
それだけでこんなに嬉しいなんてな

「麻衣…もう別れるなんて言うなよ
年上で良いんだから
そのままの麻衣でいてくれ」

「ありがとう智…あなたが好きよ」

「もっと仕事の話を聞かせて
大変なときは力になりたいから
我慢しなくて良いんだから」

「ありがとう…ごめんね…」

「良いよ…」

麻衣の顔にかかった髪を指でどかす

赤らんだ頬
すっと通った鼻
綺麗な形の耳
薄い唇
指でなぞると笑いながら言った

「くすぐったい」

「綺麗だよ」

切れ長の目は笑うともっと細くなる
瞳の色は茶色く濡れて輝いていた

俺の好きな顔だ

じっと見つめていると目をそらした


「そんなに見られると恥ずかしくなる」

「そう?なんで?」

「あなたの目は強いわ」

「そうかな…」

「そうやって何人落としたのかしら」

「そんなことないよ」

「素敵よ…智は…もう離れないわ
嫌だと言われてもきっとずっと・・・後悔しないでね」

「うん…後悔しないよ
麻衣をずっと愛してる」

愛おしくてたまらなくなって抱き締めた

耳にキスすると
麻衣が吐息をもらす

「今度は優しくしないよ」

「ふふふ・・・怖いな・・・」

「悪い子だったからね・・・」

「どきどきする・・・」


麻衣を抱きながら
もう絶対に離さないと強く思った
関連記事

テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
あっちゃん コメントありがとうございます~

お話の感想嬉しいです
いつも書いていただけるので楽しみにしていました

恋愛中なのか
もうその時期を過ぎてまったりの関係なのか・・・

何でしょうね~ほんと不思議で読めませんね・・・

次のお話も楽しんでくださいね

またコメントお待ちしています~
プロフィール

satoco

Author:satoco
嵐のファンになり13年目ですが、
活動休止を機にファンクラブから離れました
お茶の間ファンではなく、一般人です

大野智さんが活動を始めるまでは、一般人として感じた事を書くことにします

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム