fc2ブログ
アーティストでなくタレント事務所だから
大野くんの歌とダンスの実力が秀でていたから、ジャニーズに興味の無かった人達を嵐のファンにした事は事実だと思っています

何かのきっかけで偶然、大野くんのソロ曲を見たり、テレビ番組で歌う姿と歌声に驚いたり、大野くんファンが作った動画やSNSを見て興味を持ったりと、
いろいろな方面から彼を知り、その魅力に取り付かれるのだと

アイドルとしての大野くんが好きだとしても、それだけでなく、やはり歌とダンスの素晴らしさに惹かれていくと思います

なので…
嵐が、それをもっと利用したら、もっと違うグループに…アイドルとしての成功プラス、アーティストとしても成功できたように思うんですけどね

今、ダンスに力を入れながら、歌もそこそこ歌える後輩グループが、いくつかいますが、歌手としての実力が高いとまでは言えません

エンターテイメントを仕事にする事務所なんですから、そのあたりも強化すればもっと売れると思っています…

思っていますが、いろいろなジャンルの仕事をするという「タレント」を育成する事務所ですから、歌とダンス踊りだけに経費をかけるわけにはいかないのかもしれませんね

アーティストを育てるのではなく、どんな仕事も受けられる「タレント」

本来の意味は、「才能・技能」ですけれど、
日本では、テレビやラジオ番組、CMに出演する人のことをそう呼んでいます

ジャニーズに、アーティスト育成を求めてはいけないのだと、今更ながらわかりました

歌とダンスは、個人に任せる
プライベートの時間にレッスンする人が、上達するんですよね

後輩グループのメンバーにも、そういう人がいます
そして、その人が他のメンバーを引き上げていく

頑張って欲しいです

嵐がどうして国民的と言われるまでになったのか、冷静になって考えると不思議です

人気があるという宣伝の仕方が上手かったのかな

本人達は、何がどうレベルアップしたのかわからないまま、取り巻く人達から持ち上げられていったように思います

トップになったら、次は降りるだけ

降りていく景色を一緒に見て欲しいと言われたような?うろ覚えですが…

「今のうちら…トップじゃん?」大野くんが言った言葉ですが、これは、奢りではなく、事実

でもこの言葉をそのまま上辺だけ受け取るのではなく、何度も「トップになりたい」「まだトップになってない」というメンバーへの答えだったと思います

だから、もうトップを目指さなくて良いんだよ
トップになったから、あとはきれいに畳もうよ?だったと思いますけどね

そういう言葉の裏にある思いや機微が伝わらない故の現状なんだわ

人は一人として同じではないけれど、長く一緒に仕事をしていたのに伝わらないというもどかしさよ

諦め、口を閉ざしてしまう事もあったろうなと容易に想像できますよね

残念だわ…

明日はハロウィン
大野くんは、黒パグに扮装されて写メしたりするのかな
誰かと一緒に笑ってるかな




ランキングに参加しています
お手間でなければ、クリックしてくださいね



このブログの更新をお知らせできます


プロフィール

satoco

Author:satoco
嵐のファンになり13年目ですが、
活動休止を機にファンクラブから離れました
お茶の間ファンではなく、一般人です

大野智さんが活動を始めるまでは、一般人として感じた事を書くことにします

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム