fc2ブログ
妄想物語 智の恋 愛しい男 その15
朝からのスケジュールが一段落してからスマホを見ると、智からメールが来ていた

愛してるという文字を見て、ときめいた
こんな言葉を使うようになるなんて
智も大人になったのね

すぐに(私もよ)と返信した

午後から、今一番人気の俳優を使ったCMの撮影現場に行くことになっていた
智に話したらきっと嫌みを言うだろう

どうだった?
また色気を振りまいたんだろう?
俺より若いやつが良いんだろう?

今まで、黙って話を聞いたためしはなかった
言わないのが一番なのよ
でも、何してた?と言われると話したくなる
どんな顔をするのか見たくなるからだ

その俳優は、智より7歳若かった
恋の相手には若すぎる
相手だってそんな気持ちにならないだろう

端整な顔立ちは中性的で男性にもモテそうだ
スキャンダルの種はどちらにも転がっているのを本人はわかっているのかと余計な心配をする

撮影は、予定通りに進み
スタッフや出演者に挨拶をして帰社した

こんな風に、何も起こらない事が多いのに
智と会ったときは私の中に強い風が吹いたんだわ
不思議なことだ



家に帰ると
智のTシャツがソファに、ベッドにはパジャマが無造作に置かれていた
洗濯しとけって事なのね

智が着ていた服を抱き締め顔を埋める
彼の匂いを体に取り込んでから洗濯機に入れた

洗濯なんて母親みたいなことをしているけれど
母親の愛情とは違う

どちらも無償の愛には違いないが
永遠の愛と、そうとは限らない愛だ

永遠の愛が欲しいと思うが
それは自分にはどうしようもない事に思える

ただ、今は智を愛していると確信している
彼のすること全部を認められる気がするからだ
その邪魔をしないように、足かせにならないように一緒にいたいと思い、頬が熱くなった

お風呂をミストサウナに設定した
頭に浮かぶことを全て消して目を閉じ
リセットできるまでそうした




サトシックがたくさん♪
にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ









プロフィール

satoco

Author:satoco
嵐のファンになり13年目ですが、
活動休止を機にファンクラブから離れました
お茶の間ファンではなく、一般人です

大野智さんが活動を始めるまでは、一般人として感じた事を書くことにします

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム