fc2ブログ
妄想物語 智の恋 悪い子 その19
こんなことを思い出しながら
今、目の前にいる智を見つめると
スマホから視線を外して私を見た

「コーヒー飲む?」

「うん」

彼の定位置になっているソファーに寝そべりながら甘えた声を出した

こんな風に私の部屋で寛いでいるなんて
あの頃は、全く想像出来なかった事だ
でもゆっくりと気持ちが近づいて
いつの間にか大切に思える人になった
いろんな思いをさせられたけれど
今、智と呼んで結花と呼ばれるようになっている



その後
一ヶ月程、メールを待っていたが
忘れられているかのように何もなく過ぎた

篠原と会う間隔が長くなっている
体が彼を求めていない
そろそろ終わりになりそうな予感がしていた

だからといって
智とそうなりたいとは思わなかった
メールをすると言いながら
こんなに待たせている事で
私に対する気持ちがわかるというものだ

まだ忙しくしているのか
それとも既に解放されて
手近な女の子と遊んでいるのかもしれない

いつメールが来るのかわからなかったが
私は、次に会うときに備えて
エステやネイルサロンや美容院に通っていた

仕事帰りにエステサロンに行き
身も心も満足して帰宅する途中
智からメールが来た

(会って欲しいんだけど)

それだけだった
それでも良い
日にちと時間を決めて約束の店に行った

久しぶりに見る彼は
疲れた様子もなく元気そうに見えたが
左手の包帯が目に入ると驚いて足が止まった







テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

satoco

Author:satoco
嵐のファンになり13年目ですが、
活動休止を機にファンクラブから離れました
お茶の間ファンではなく、一般人です

大野智さんが活動を始めるまでは、一般人として感じた事を書くことにします

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム