fc2ブログ
妄想物語 智の恋 黒猫は気まぐれ その34
彼からメールが来ない
でもまだ1週間しか経っていない
もう少し待っていようかしら
それとも私からメールした方が良いかしら

どうすれば良いか考えて
また数日経ってから思いきって彼にメールした

(忙しいですか?
私は落ち着いたので定時に帰れています
会えますか?)

何度も書き直したメールをやっと送った

(俺も今なら時間取れるから会おうよ)

(会いたいわ)

日にちと時間を約束して
いつものホテルのレストランで会うことになった

こんなにすぐに会えるんだわ
早くメールすれば良かった

約束まで時間があったから一度家に帰り
シャワーを浴びて着替えた
いつもの仕事用の服でなく柔らかな雰囲気の服を選んだ

レストランに着いてカウンターを見たが彼は座っていなかった
店内を見回したが、まだ来ていなかった

どこにいたら良いか考えたが
彼と同じようにカウンターの高いスツールに座った

オーダーを聞かれたので
連れが来てからと答えると
ミントの葉が浮かんだミラルウォーターを出してくれた

一口飲むと爽やかな美味しい味だった

カウンターの中で立ち働くバーテンダーを見ていた

人影に気付き
大野さんかと思い笑顔で横を向くと知らない男だった

「一人?」

「いいえ……連れを待っているんです」

「本当?」

「はい」

「じゃあ そいつが来るまで」

「困ります」

「来たら すぐどくよ」

その男は体を私に向けて不躾な目で見てくる

「よく来るの?」

「いいえ」

嫌だな 早く離れてくれないかしらと思った時
大野さんの声がした

「沙絵……行こう」

スツールから降りる私の手を取り肩に腕を回して店を出てエレベーターに乗った

「遅れてごめん
こんな風にならないように
いつも先に行ってたんだけどな」

「私が早く行き過ぎたのね
ごめんなさい」

「ルームサービス頼もうか」

「そうね
ちょっとお腹空いてるの」

「俺も……
姫、今日はなんかいつもと感じが違うね」

「そう?」

「可愛くなっちゃってる
だから男に声掛けられるんだよ」

「困ってたの」

「そうかな……そんな風に見えなかったよ」

「そうかしら」

彼は黙ったままカードキーを差し込んでドアを開け
それをキーボックスに入れると部屋の明かりがすぐに点いた




いつもクリックありがとう♪
にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ
にほんブログ村


嵐(ジャニーズ) ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

satoco

Author:satoco
嵐のファンになり13年目ですが、
活動休止を機にファンクラブから離れました
お茶の間ファンではなく、一般人です

大野智さんが活動を始めるまでは、一般人として感じた事を書くことにします

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム