fc2ブログ
妄想物語 智の恋 Slow time その3
店に誰もいなくなってからカウンターに座りマスターに言った

「旨かったですよ」

「ありがとう」

「リンゴのような香りがしたよ」

「そうなんだよね
よくフレーバーティーって言われる紅茶があるだろ?
コーヒーにもあってね
自分なりにブレンドしてみたんだけどさ
旨いよね」

「うん 旨かった」

「今日は、もう帰るの?仕事行くの」

「一度帰ってからまた出るんだ」

「そう…時間がいろいろで大変だねえ」

「そうですね
まあ今までずっとだから慣れたけど」

「彼女、会えなくて寂しがるんじゃない?」

「いないんだよな」

「そうなんだ
忙しくてそれどころじゃないか」

「まあ…」

「また来てよ
旨いもの作るから」

「はい
ごちそうさまでした」

茉莉ちゃんのいるレジで会計を済ませて店を出た

サービスで持たせてくれた熱いコーヒーを飲みながら公園を突っ切って家に向かった
あと2時間で仕事に出掛ける
マネージャーが迎えに来てくれるから何も支度はないが
それでも仕事の内容に目を通すぐらいはした

迎えの時間の30分前に確認のメールが届き
了解と一言返信した
これからロケするとなると終わるのは日付が変わってからだな

今日もがんばってるよ俺…
マスターの言う通り彼女はできるけど
なかなか会えないから続かない
しょうがないよな
そういう仕事なんだから

いつかこんな俺でも良いっていう物好きな女の子が現れたら良いんだけどな
よく雑誌のインタビューで
好きな女の子のタイプを聞かれるけどそんなの無いよ
こんな俺を本気で好きになってくれるならそれだけで良いんだ
俺も本気で好きになるのにと思う

冷めてしまったコーヒーを飲み干して
釣りの雑誌をめくっていたらマネージャーから確認のメールが届いた

さてと今日の最後の仕事に行くか

行ってきます…と口にした



いつも応援ありがとう♪

にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ


テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

satoco

Author:satoco
嵐のファンになり13年目ですが、
活動休止を機にファンクラブから離れました
お茶の間ファンではなく、一般人です

大野智さんが活動を始めるまでは、一般人として感じた事を書くことにします

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム