fc2ブログ
妄想物語 智の恋 木漏れ日を浴びて その42
何度も軽いキスしてから
唇を開けさせ深いキスをする
驚いた様子だったけど彼女も舌で応じる

抱き締めて
唇を耳から首筋に移すと
声を洩らして大きく呼吸する彼女に気持ちを乱された

いくらなんでも早いよな
まだ今夜なんて早すぎるよな

そう思っているが
体が言うことを聞いてくれない
なんとか落ち着かなくちゃと思うが
抱き締めた温かい体を離したくない

彼女も俺の背中に回した手を離さない
荒くなる呼吸を整える事も出来ずに言った

「アリスちゃん…ベッドに行こう」

「うん…
初めてを大野さんとしたい」

「うん…」


それからベッドに座り
彼女が俺を見つめているのを感じながら服を一枚ずつ脱がせた

綺麗な彼女の全てを見て
思いっきり優しくしてあげて
俺達は男と女の関係になった

こんなに可愛い子の初めての男になっちゃった
そう思うとまた胸の奥がムズムズとして
嬉しさと幸せな気持ちでいっぱいになる

「大丈夫?」

「うん…
でもすごく恥ずかしくて…」

「良いんだよ
恥ずかしがらなくて
君は素敵なんだから」

「うん…」

「本当に可愛い…」

「そう?」

「うん…
俺はずっと年上なのに君に夢中だ
もう離したくないよ」

「うん
嬉しい…」

腕枕に頭を乗せた彼女を見つめると
もっと顔を近づけてくる
俺の体に唇を付けたまま
手を胸から腰へと何度も動かした

その動き方に、たまらなくなって抱き締めた

「苦しいよ…」

「あっごめん…」

「ふふ
幸せってこういうこと言うんだわ」

「そうだね」

「ずっとこうしていたいな」

「俺もだよ」

「本当に好き」

そう言いながら
彼女は顔を近づけて
俺の鼻や頬にキスをした

「ここもここもみんな好き
素敵な顔と柔らかい髪の毛と
この広い胸もみんな…」

「ふふふ」

「初めての人があなたで良かった
すごく優しくて怖くなかった」

「でも少し泣いてたよ」

「だって…
大好きな人に全部見られて恥ずかしいし」

「怖くなかったんだ」

「少し…」

また頬を赤くして
シーツに潜ってしまった

シーツごと抱き締める

「アリス…
君って…ほんとに可愛い」


落ちてしまった
もう元には戻れない
これからどんなことが待っているのかと考えると
少し身震いしたが
たぶんもう離れることはないだろう

これからはもっと注意を払わなければならない
彼女を守ってやる
大事にしたいと思った




いつも応援ありがとう♪
にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ


こちらも楽しそうなので始めてみました♪


スポンサーサイト



テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

satoco

Author:satoco
嵐のファンになり13年目ですが、
活動休止を機にファンクラブから離れました
お茶の間ファンではなく、一般人です

大野智さんが活動を始めるまでは、一般人として感じた事を書くことにします

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム