fc2ブログ
妄想物語 智の恋 木漏れ日を浴びて その25
楽屋に戻ってから
もう一度台本を読み直した

偉そうにアドバイスしたからには
NGを出すわけには行かない

それにしてもアリスちゃんの気持ちの切り替え方には驚いた

もう何本もやっている女優のようだった
きっとこの先のシーンは上手くやれるだろう

今は唇を付けなかったが
ランスルーと本番で何度か
本当にキスしなくちゃならない

彼女が好きになってしまってる今
芝居だからといって何度もカメラの前でやるのは恥ずかしいな

俺の方が緊張してる気がする

そんなことを思いながら
うがい薬で口をゆすいだ



時間になったとマネージャーが呼びに来た
さあ…がんばろう

セットの前に進むとアリスちゃんが待っていた

「大丈夫?」

「はい…」

監督が緊張を少なくするためにスタッフの数を減らしてくれていた

いつものシーンだと20人位いるが
今は8人ほどだった

まずは俺が声をかけ
アリスちゃんが振り向いて微笑む

次に俺が駆け寄り抱き締める

名前を呼ぶと上を向く

笑顔が消えて見つめ合う

彼女が目を閉じて少し顎を上げて唇を重ねる

抱き締めるところまでを一回で撮り
その後を続けて撮る

失敗できないな
アリスちゃんを不安にさせるといけないから一度で決めたいところだ

カメラの前でこのシーンを演じる
監督のオーケーがすぐに出る

「今の感じが良かったからすぐに本番だ」

「はい」

俺達とスタッフが返事をした
本番では綺麗な瞳が少し濡れて輝いてドキッとし
芝居を忘れそうになったが
ライトやレフ板があったおかげでなんとかなった

彼女の柔らかい唇の感触を忘れたくないな
芝居ではないキスをしたいと思って
俺 何歳だよと自分でツッコミを入れて笑った




いつも応援ありがとう♪
にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ


こちらも楽しそうなので始めてみました♪


テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

satoco

Author:satoco
嵐のファンになり13年目ですが、
活動休止を機にファンクラブから離れました
お茶の間ファンではなく、一般人です

大野智さんが活動を始めるまでは、一般人として感じた事を書くことにします

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム