fc2ブログ
妄想物語 智の恋  フラッシュバック その20

最近ハマっているコーヒー専門店がある
仕事で知った店だったがその後も時々通っていた
豆の一つ一つの味が詳しく書いてある

俺の好みは酸味とコクだな

ここでフィルター用に挽いてもらって家でドリップして飲むんだ

豆の説明をゆっくり読んでいると
黒いエプロンをした店員に声をかけられた

「どういった味がお好みですか?
ブレンドすることもできますが…」

聞いたことのある声の主を見ようと
屈めていた腰を伸ばした

「あ…こんにちは」

「あら…大野さん
お元気だった?
紗良と別れちゃったのね
ごめんなさいね
あの子ったらねえ」

「俺が仕事でいっぱいいっぱいになっちゃって
紗良の気持ちを大事にしてやれなくてすいません」

「そうなの?
まあこういうことはね
仕方ないものなのよ」

「そうですね
それで…紗良…紗良さんは元気ですか?」

「ええ元気よ
楽しかったわね
一緒にコーヒー飲んでお話して
時々紗良に焼きもち妬かれてたのよ」

「そんな…
ここで働いてたんですね
今まで気付かなかった」

「ええ
まだ1か月なのよ」

「そうですか」

「どれにする?
しますか?」

「酸味とコクのあるのにしようと探してました」

「じゃあ・・・マンデリンが良いかもしれないわ
何グラムにしますか?」

「400で良いかな」

「ありがとうございます」

会計して帰ろうとすると
お母さんが言った

「またいらしてくださいね」

「はい…」

はい…なんて答えたけれど
もう来ないだろう
紗良と別れてから
あの人の事を考えることがあった

一晩だけ一緒にいた人

紗良と別れてしまったら
もう会うことがないと思っていたのに
こんな偶然あるんだな

まあお互いにコーヒー好きという共通点で
また巡り会ってしまったんだろうか

でももうここに来るのはよそう
どうしても思い出してしまうし
思い出されても困る

いくらでも他に店はあるんだからな




嵐カテゴリー
にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ

テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

satoco

Author:satoco
嵐のファンになり13年目ですが、
活動休止を機にファンクラブから離れました
お茶の間ファンではなく、一般人です

大野智さんが活動を始めるまでは、一般人として感じた事を書くことにします

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム