fc2ブログ
妄想物語 智の恋 花の名の女性(ひと)その4
メールは来ない

来るはずがない
きっとずっと来ないだろう
そう思いながらも
期待している  

いつものようにテレビ番組で彼の柔らかな笑顔を見ていた

たまに怒った顔を見せたり
少年のような表情を見せたりしている


あの日は夢だったのかもしれない
本当の事じゃなかったのかもしれないと思うほど
現実感がなくなっている

今夜も遅くなってから録画した番組を見ている

眠くなったら途中で止めて
寝てしまえるように
ベッドの上でテレビを見ていた

うとうとしかけた時
スマホが光っている事に気付いた
メールの着信を知らせる青い点滅

(こんばんは。遅くにすみません・・・俺だよ~智くんです。ちょっと飲んでます)

誰かと間違えているんだわ きっと・・・
返信しないでいたら また届いた

(すみれさん こんばんは~なにしてるの?この前はありがとう。絵の話楽しかったよ)

(こんばんは。もう寝るところです。酔ってるみたいだね)

(ごめん・・・酔ってるかも。すみれさん また絵の話してくれる?)

(良いわよ。あの画家の本を持っているから見せてあげるわ)

(ありがとう。また連絡します)

本当に智くんからなの?
誰かと間違えていないかしら?

でも本棚から画集を取り出してしばらく見ていた

また会えるのかな?
冗談かもしれない

もう遅いから寝なくちゃ

明日も忙しくなりそうだから・・・

テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

satoco

Author:satoco
嵐のファンになり13年目ですが、
活動休止を機にファンクラブから離れました
お茶の間ファンではなく、一般人です

大野智さんが活動を始めるまでは、一般人として感じた事を書くことにします

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム