fc2ブログ
妄想物語 智の恋 本気(マジ) 終わり

「智…本当にありがとう
あの人を励ませたと思うわ
嘘でもまた会いましょうなんて言ってくれて
私も嬉しかったわ」

「 嘘じゃないよ
今までの事もあるだろうけど
男として魅力のある人だよね
きっとずっと自信のある生き方をしてきたんだと思うのに
病気に負けそうで励ましたくなってるんだ」

「そうなの
そうよね
これから先どうなるかわからない手術に向かうんですものね
ありがとう
そんな風に考えてくれて」

「 うん」


「俺は杏子の為になるならなんでもできるよ」

「 ありがとう
嬉しいわ」


杏子の安心した顔を見て

今日一緒に行って本当に当に良かったと思った



杏子は、キッチンに立ち

酒のつまみになるものを作ってくれている


これからもその優しい笑顔をずっと見ていられそうな気がして

安心感と嬉しい気持ちでいっぱいになった


料理する杏子を見ていたくてカウンターから離れなかった

「座ってて」

「杏子を見ていたいんだ」

「そう?」

「うん…俺のために料理してくれてるのがこんなに嬉しいなんて思わなかった」

「うん」

「俺…ほんとに杏子が好きだ」

「そうやって言葉にしてくれるのって嬉しいわ」

「なんたって俺…マジだから」

「ふふふ」

包丁とまな板を洗って片付けると出来上がった料理を俺に渡した

「うまそう」

俺はその皿を両手で持ちリビングのテーブルに運んだ
部屋にはごま油のよい香りが満ちている
お腹が空いたと知らせるかのように鳴った


榎本さんの手術の日が過ぎた

どうだったのか訪ねる訳にはいかなかった

きっとうまくいって

いつか一緒に食事をする事が出来るだろう

そう思いながら過ごしていた

2週間たって榎本さんの奥さんから杏子に手紙が届いた

開封する前に俺にメールして来たからマンションに行った


「驚いたわ

私に手紙なんて…」


「そうだよね なんて書いてあるんだろう

まさかね…」


「うん…怖くて開けられなかったの」


「そうだよね…どれ?」

俺が先に目を通した


「あ~良かった

手術は成功したんだって

退院もできるらしいよ

ほら…読んでごらんよ」


「うん……

良かったわ

もしものことを考えていたから安心したわ」


「良かったよね

俺…約束したからまた一緒に飯食わなくちゃ」


「そうね

本当に良かった」


いつかまた会えたら

杏子の若い頃の話を聞きたいなと思い

なんだか嬉しくなった


「智…ありがとう

あなたを好きになって良かった

私…本当に幸せなの」


「うん…俺も杏子を好きになって良かったよ」

ソファーに並んで座っていた杏子を抱き寄せて頭を撫でると

潤んだ目で俺を見つめた


終わり




いつも応援ありがとう♪

にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ





お時間ありましたら覗いてみてね♪



スポンサーサイト



テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

妄想物語 智の恋 本気(マジ) その41

「こんにちは」

「 初めまして…榎本です」

「 大野です」

そう言うと杏子が自分の隣に座るように促した
俺は椅子に座って水を一口飲んだ

「智…来てくれてありがとう」

そう言う杏子を見ると
優しい顔して微笑んだ

「やっぱりあの時の彼だ」

「 え?」

「 杏子の…杏子さんのマンションのエントランスですれ違いましたよね」

「 あ…ああ…はい」

「こんな若くてイケメンな方が杏子さんの恋人だったんだね」

「 はあ」

「それで手術はいつなの?」

「うん…来週の金曜なんだよね」

「 そう…
それまで体力付けて頑張って」

「そうだね
もしかしたらもう駄目かもしれないけど
まあ頑張るよ」

「 そんなに大変な病気なんですか?」

俺も何か言わなくちゃと思い
聞いてみた

「結構進んじゃっててね
もっと早く気付けば良かったんだけど
忙しさにかまけて病院に行かなかったからね」

「そうなんですか」

元旦那は頬が痩けて顔色も悪かった
こんな姿を見せられたら同情してしまう

杏子は、もっとなんだろうな
また何か始まってしまったらと不安だったが
そんなことはないだろうと思った
それよりもこの人を励ましたいとさえ思っていた

来る前はコーヒーを飲む程度の時間だと思っていたが
杏子が食事していくかと聞いたので
そのまま3時間も一緒にいた

杏子の若い頃の事を一緒に暮らしていた男から聞くなんて
不思議な感覚だったが
嫌な気持ちにもならず
相づちを打ったり笑ったりして聞いていた

その人の今の生活を聞くことも杏子は嫌じゃないらしく
3人の子供の話も楽しそうに聞いていた

「 今日は会えて嬉しかったよ
大野さんもありがとうございました
活躍を見てますから…
どうか杏子さんをよろしくね
おかしな言い方だけど
そんな気持ちです」

「 俺の方こそ会えて良かったです
杏子の事はずっと守りますから」

「ありがとう
君は本当に杏子さんにとって大切な人だと思うから
良かったね…杏子」

「うん…幸せよ 私…」

「良かった・・・

じゃあまた
または、ないな
ごめん」

「また会いましょう
手術が上手く行って
元気になったらまた一緒に飯食いましょう」

杏子でなく俺が言った

「そうかい? ありがとう」
「 はい」

榎本さんとは、その店で別れた
俺達はエレベーターで地下駐車場に降りて
タクシーで杏子のマンションに戻った



いつも応援ありがとう♪
にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ


お時間ありましたら覗いてみてね♪

テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

妄想物語 智の恋 本気(マジ) その40

「この前会った所で良いかしら
丸ビルのレストランなんだけど」

「う~ん
個室があれば良いんだけど
丸ビルか~
駐車場から直接上がれば大丈夫だよね?」

「そうね
人目につかないで上がれると思うわ」

「わかった
そこで良いよ」

「こんな事まで一緒に考えてくれて嬉しいわ
面倒な事なのに」

「そんな事ないよ
話してくれて良かったんだ
俺は本気で杏子が好きなんだから」

「うん…ありがとう
智の言葉が信じられるわ」

「うん…」

見つめ合ってキスして
久し振りに抱いた

今までよりずっと愛おしくて凄く良くて
終わってからも体を離したくなかった

杏子を見ると涙を流していた

「どうした?
泣いてるの?」

「ううん…
智が本当に好きだわ」

「うん…俺もそうだよ」

涙をすすって顔中キスした
幸せな気持ちでいっぱいになった

杏子は俺だけなんだ
でも元旦那とちゃんと終わりにする事も必要なんだと思う

長い間、胸の中に残ったままの想いを無くせれば良いなと思った



そして約束の日
杏子が着いたのを確認してから俺もエレベーターに乗った
個室に入ると杏子と元旦那が向かい合って座っていた

この二人は10年前までは夫婦だったんだなと不思議な感覚だった





いつも応援ありがとう♪
にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ


お時間ありましたら覗いてみてね♪

テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

妄想物語 智の恋 本気(マジ) その39

「杏子の本心を聞きたいんだ
またその人に会いたいのか
会ってどうしたいのかって」

「ええ…
ひどい事されて別れたけれど
ずっと忘れられなかった
子供を欲しかったのならもっとちゃんと話し合えば良かったんじゃないかとか
私に愛情が無くなったから
不倫したのかとか
何度も同じことを考えてしまってた

でも何年もかかったけれど
やっと忘れられる気がしてたの
智に出会えたし
智は私に本気で向き合ってくれてるし」

「うん…そうだよ
俺はマジだから」

「うん…すごく嬉しいし幸せよ」

「うん…」

「だけどもう一度、話をしたいとも思ってる
戻りたいなんて考えてないし
向うの奥さんに誤解されるような会い方は、したくない
どうすれば良いかって思ってるの

10年近く連絡を取り合ってなかったのに
自分が病気になって私を思い出したって言うのも勝手だけど
可哀想に思えてしまって…」

「そうだね
なんかわかる気もするよ」

「そう?」

「うん…
杏子の気持ちも元旦那さんの気持ちも…
俺は杏子が俺の事だけ考えて欲しいから
その人と終わりにするために会ったら良いと思うんだ
だけど二人っきりは、まずいよね
誤解されたらいけないし…」

「そうよね」

「俺も行くってのはどう?」

「智も一緒に?
3人で会うの?」

「まずい?嫌?」

「嫌じゃないわ
智が嫌じゃないなら一緒に良いかしら」

「良いよ
それで杏子の気持ちが済むならね」

「うん
じゃあ隣にいてもらうわ」

「良いよ」




いつも応援ありがとう♪
にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ


お時間ありましたら覗いてみてね♪

テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

妄想物語 智の恋 本気(マジ) その38

「俺…杏子に胃袋掴まれちゃってるからなあ」

「ふふ…そう?」

「そうだよ
本当に料理上手いよね」

「ありがとう」

一つずつ味わって食べて
美味しいワインも飲んで
会わなかった日の話をして
そして段々とあの男の話に近づいて行った

杏子の口からあの人という言葉が出たから遮った

「その呼び方やめろよ」

「え?なんで?」

「前は元夫って言ってたのに
なんか最近あの人って言うようになったからさ」

「嫌だった?ごめんなさい」

「もう会わないんだよね?」

「うん…」

「でも心配なんでしょう?」

「そうね
心配してるのは本当だけど
もう会わないって決めた」

「そう
良かった…っていうか
それで良いんだよね?」

「うん
会っても何も出来ないし
奥さんがいるのに私が出ていったら
いけないと思ってる」

「そうだよ
そう伝えたの?」

「言ったわ」

「メール?電話で?」

「電話が来たから」

「そうなんだ
それで?納得した?」

「うん…
でもこの間だって話をしただけだし
一緒にご飯だけでもって言われたのよね」

「それで?」

「手術前にもう一度だけって言ったから
もう会わないって言ったわ」

「うん
でもなんだか…」

「何?」

「杏子は本当は
あと一度だけならって思ってるんじゃないの?」

「え?うん…そう思ってたわ
ごめんなさい」

駄目だ駄目だ…
このまま引きずってそいつを思い続ける事になって欲しくない

どうすれば一番良いんだろう
目の前の杏子の顔を見ながら考えた




いつも応援ありがとう♪
にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ


お時間ありましたら覗いてみてね♪

テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

satoco

Author:satoco
嵐のファンになり13年目ですが、
活動休止を機にファンクラブから離れました
お茶の間ファンではなく、一般人です

大野智さんが活動を始めるまでは、一般人として感じた事を書くことにします

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

いらっしゃいませ
ようこそ
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
リンク先
検索フォーム