FC2ブログ
妄想物語 智の恋 風を感じて その17
そこには、智くんと相葉さんがいた

びっくりして立ち止まったままでいる私の背中を颯が押して、部屋に入った

「驚ろかせちゃった?」と相葉さんが言った

「すいません
だってスターが二人もこの吉祥寺にいるなんて」

「ふふ……ねっ颯君のお袋さんって面白いでしょう?」

「うん 美人なのにって感じ」

「そうなんだよ
美人なのに気さくで楽しいんだ……
どうぞ座って下さい」

「ありがとうございます」

智くんの正面に私が座り、相葉さんの正面に颯が座った

「颯くん 今日は来てくれてありがとう」

智くんが、颯に言った

「こちらこそ、また会えるなんて思ってませんでした」

「予定あったんじゃない?デートとかさ」

「この子、彼女いたためしがないから暇ですから……」と言うと

「そんなこと無いよねえ」と智くんが、颯に向かって言った

「お袋の相手で忙しくて彼女なんて言ってられませんよ」

「なに生意気言ってるの
さっさと彼女作れば私だって……」

「私だって?彼氏作るって?」と相葉さんに笑われた
智くんも優しい顔で笑っている

「先に適当に頼んじゃったけど、好きなもの頼んでね、颯くん」

「ありがとうございます」

運ばれてきたビールのジョッキを合わせて乾杯した

「今日もお疲れさん」

「お疲れ様でした」

「いただきます」

一斉にジョッキに口を付けてビールを飲む

「うめえ~」

「最高だねえ」

「美味しいわ」

最初は、智くんが肉や野菜を網に置いてくれたが
その後は、私が焼いた

たまに、颯くんのお母さんも食べてください
と二人が言ってくれる

智くんは、ビールからチューハイに変わり
今は日本酒を飲んでいる

私の事をお袋さんとか、颯くんのお母さんと呼んでいたが、相葉さんが言った

「お袋さんじゃあ可哀想だよ
名前は何て言うんですか?」

「楓よ」

「楓さんかあ~綺麗だね」

「ありがとうございます」

「初めて名前聞いたよ」と智くんが言う

「言ってませんでしたから」

「そうだよねえ
楓さんか……」

颯が私に目配せした
私は慌てて、目で制した




サトシックがたくさん♪
にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ










関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

satoco

Author:satoco
「君と僕の見ている風景」のDVDから嵐にハマり
大野くんの歌とダンスの素晴らしさに気づいた時には遅かりし・・・・・・
彼の術にハマって抜け出せません
重症サトシックとなってブログを始め、既に6年過ぎ7年目に突入しました♪

こんな大人過ぎる大人ですが(実は5歳の孫もいる)
恋に年齢は関係ない
ときめくのは自由
母性と包容力で彼を見守り続けたい

お気軽にコメントしてくださいね
お話しましょう

はぁ~い はぁ~い はぁ~い!!
いらっしゃいませ~
現在の閲覧者数:
最新記事
忍びの国 アンケート
忍びの国アンケート
カテゴリ
いつもありがとう
大野智に堕ちた年齢アンケート~
大野くんを好きな方限定で♪
RSSリンクの表示
いつも応援ありがとう♪
サトシックならこちらへ♪ にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ
にほんブログ村
良かったらポチしてね♪その1
良かったらポチしてね♪その2

最新コメント
近況報告はここで・・・
月別アーカイブ
ツイッターで更新をお知らせします
リンク先
検索フォーム