妄想物語 智の恋 メグ その7
店に入ると個室に通された
誰にも気付かれていないと思う

大丈夫だったよね?と、一ノ宮に言われて頷く

「いつもこんなことを考えているなんて異常だよな」

「そうかもね
でも仕方ないよ
有名になっちゃったんだから」

「まあね」

四人で生ビールで乾杯する

「ほんと、よく来てくれたよ」

「うん……なんか……来て良かった」

「そうか
良かったよ」

「俺が俺に戻れる感じがする」

「そうか」

「メグは、いつも来てたんだってね?」

そう言ってメグを見た

「うん 皆勤賞だよ」

「へえ」

「暇だし」

「そんなことないでしょ」

「うん
忙しいときは、すごいよ」

「どんな服を作るの?
あと、いつ、どんな番組に出たの
知りたいよ」

「そう?
お昼のバラエティで、若い女の子に人気のブランドの特集があって
そのブランドのデザイナーの密着で
私と打合せしている所に来たの」

「へえ
面白そう
そうなんだ
で……それで?」

「うん……」



お互いに話に夢中になった
学生時代に急速に戻っていく感覚が楽しい

「智 俺達、先に帰るわ」

「え?なんで?」

「犬を飼い始めてさ」

「うん」

「寂しがってると思うとね」

「うん」

「二人で夜出掛けるのが初めてなのよ
あの子が来てから」

マリコが、本当に心配そうな顔をして言った

「そうなんだ」

「悪いな
会計、後から渡すから」

「良いよ
そんなことは
俺が出すから
じゃあ、また会おうぜ」

「智が来てくれて本当に良かったよ
女子も喜んでたよ」

「そうかな
あんまり、そう見えなかったけど」

「いや、抑えてたんだよ
なあ?まりっち」

「そうよ
大野くん、すごい人になっちゃったもの
みんなテレビで見てるわよ」

「そう?ありがとう」

「じゃあな」

「うん また会おうな」







スポンサーサイト

テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

ファンだけがわかっていれば良い
大野くんの歌の素晴らしさを
万人にわかってもらおうとしなくても良い
聞きもしない人の批判的な言葉に
一度聞いてみろとは、言えないと思いました

わかってないな~
こんなに心を揺さぶる歌声なのに……
今まで、彼の歌を聞く機会がなかったのね
でも聞いたとしても心の琴線が震えない人もいるでしょう

あの人の方が上手いわ……と他の人を思い浮かべる人もいるでしょう

でもそれは間違ってはいないと思います

彼のファンで
彼を見つける事が出来た事に喜びを感じている私達とは違うんだと思って
心穏やかにしていたいと思う

言った人を批判することなく
それもテレビのあちら側の思惑の中での言葉ですからね

何があるのかわからない
何が真実かわからない世界からの発信なんですから

彼を知っている人達が、彼の歌を愛していればそれで良いと思う

だけど……
今回の様な事から
ソロアルバムへと進んで行きそうな
そういう流れを感じるというか
必然に近いものを感じました

来るかな
来そうだけど
どうかな~?




嵐にしやがれの大野くん
焼けてますよね
そして左手人差し指にシルバーの指輪してましたね
絆創膏も貼ってるし
なんなの?
かっこいい……

大野くんの指輪って私、初めてリアタイで見たかも……
色っぽいわ~
男を感じる
大人の男
可愛い雰囲気がなくなる

今日、ずっとかっこ良かったですよね
シャープだし色黒いし指輪してるし
髪形も良いし茶色いし

何かな~
あっ❗グラビア撮影が立て続けにあって
ビジュアル保ってるんだわ

きっと指輪もその延長で
なにかの撮影小物で、もらったのかもしれない

スタイリストの私物で
似合うよとか言われて
じゃあ頂戴とか言って
そのままはめてるとか……

最高ビジュアルまだ続いてます





ハンドメイドのサイト 更新しました
handmade aoitori









テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

忍びの国のツイートから 4








昨日アップするのを忘れてしまいました
本日もツイートされましたら更新します







インスタで、ご好評頂いていましたヘアゴムをミンネで販売致しますので
是非ご覧になって下さいませ💙


ハンドメイドのサイト 更新しました
handmade aoitori









テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

妄想物語 智の恋 メグ その6
お開きになる前にメグと、もっと話したかったが、俺の近くに来なかった

解散するといくつかのグループ毎に二次会に散って行った

メグは、どこかなと探したがわからない
一ノ宮を探すと俺に気付きOKサインをして見せた

ここでは俺は、ただの人だ
気楽で良いな
もしかしたら皆、気を使ってそうしてくれていたのかもしれないが、居心地が良かった

幹事の一ノ宮夫妻は最後まで残り
会計をしていた
そこにメグと俺がいた

四人で飲み直すか?と一ノ宮に聞かれた

「そうだね
メグも行くでしょ?」

「うん
でも智くん、普通の店に入れるの?」

「バレなければ」

「個室ある店に行こうか」

「そうしてもらえる?
面倒くさくて悪いな」

「良いよ
友だちが働いてる店に行こう
まりっち……予約してよ」

そう一ノ宮が奥さんのマリコに言った

「わかった
あの店でしょ?」

「うん」

「夫婦なんだな~あの店でわかるんだ」

「行ったばかりだから」

「へえ」

そう言うとメグも言った

「毎日一緒にいるとわかるものなのかな……
なんか感動する」

「俺も そう思うよ」

そう、独身二人が言うと
夫婦は、同じことを言った

「わかんないこともあるよ」

そう言いながらも笑い合って楽しそうだ

結婚って良いもんなのかもしれないな
でも俺にはまだ相手がいないな

そう思いメグを見た

メグは、何?という顔をした

何でもない……と頭を横に振った









テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

忍びの国のツイートから 3









毎日取り貯めておいた画像をツイートしてくれるのかしら

彼の顔も見たいわ




ハンドメイドのサイト 更新しました
handmade aoitori









テーマ : 大野智
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール
突然大野智くんに堕ちちゃいました・・・ 彼の歌は素晴らしい・・・歌とダンスに惚れ込んで5年目の重症サトシックです

satoco

Author:satoco

はぁ~い はぁ~い はぁ~い!!
いらっしゃいませ~
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
大野智に堕ちた年齢アンケート~
RSSリンクの表示
お話のアンケート 投票してね
手首周りの長さ調べ
良かったらポチしてね♪その1
良かったらポチしてね♪その2

私のブログの成分?
ブログランキングならblogram
最新コメント
近況報告はここで・・・
月別アーカイブ
ツイッターで更新をお知らせします
リンク先
検索フォーム